• 一関学院
  • コース
  • 学院生活
  • 中学生の皆さんへ
  • ダウンロード&リンク

募集要項/スクールガイド/広報などのダウンロード

5月8日

 

         めざましテレビ「ココ調」が学院にやってきた!

 

先日、フジテレビのスタッフさんが訪ねてきました。

めざましテレビの「ココ調」というコーナーで、岩手県の方言について調べているという事でした。突然のことだったので戸惑いつつも、生徒にも協力してもらい、どのような方言が日常的に使われているか?インタビューしたり、再現VTRの撮影を行いました。

 

以下、画像は5月6日(月)の朝放送されたものです。

番組では、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で舞台となっている久慈市からスタートし、県庁所在地である盛岡市、さらには内陸の西和賀町と続き、最後に県南の一関市と岩手中を飛び回り、それぞれの個性的な方言を取材し丁寧にまとめられていました。

岩手は昔、南部藩と伊達藩に分かれていたことや、内陸と沿岸の間にある北上山地が遮り、行き来が困難であったため、それぞれ独自の方言が生まれたと紹介されています。ちなみにここ一関市は伊達藩に含まれます。

 

 

放課後、音楽室で活動している吹奏楽部員に協力してもらい、まずは日常的にどんな方言が使われているかの調査が行われました。

 

 

同じ県南出身でも、地域によって全然違うようです。

例えば、水たまりに足を入れてしまった時のことを“きゃっぽり”した!と言ったり“きゃっぱ”した!あるいは、“けっぽり”と言ったり・・・様々でした。若い世代では徐々に方言を使わなくなってきているようですが、祖父母と同居している生徒は日常的に聞いているのでネタをたくさんもっていました。

 

 

続いて、個性的な方言を用いた日常再現TVRの撮影を行いました。

 

【設定シーン:吹奏楽部編】

① 放課後、練習している部員を見にやってきた顧問。

② 前日、練習しておくよう指示していたところをチェックしにきましたが・・・。

▲「いずい」「いんずい」=しっくりこない。も一関では頻繁に使いますね。

 例:この洋服いずいな〜 = この洋服はどうも着心地悪いな〜

 

③ どうしてちゃんと練習しなかったのか?問う顧問に対し・・・

④ 生徒の言い分は。

⑤ はっ?なんで練習中にバッケ採るの!?

⑥ そんなのって↓

 

皆さんはわかりましたか?

 

スタジオにゲストで来ていた、「今でしょ!」でブレイク中の東進ハイスクールの林 修先生が、

答えを求められ、出した言葉が・・・

 

     ▼

     ▼

     ▼ 

 

林先生:「ムリでしょ!」(笑)

 

     ▼

     ▼

     ▼

 

正解はこちらです。

 

 

▲「あっぺとっぺ」は、つじつまが合わない意味の「あべこべ」に近いことばですね。

 

普段、方言なんて意識したことなかった私たちですが、ココ調さんの取材を機に再確認し、方言の魅力を楽しみたいと思いました。

 

*注意:吹奏楽部の再現VTRはフィクションです。

    練習中にバッケ(フキノトウ)を採りに行く部員はさすがにいません!(汗)

ダウンロード

PDFファイルを閲覧するにはAdobe社のAcrobat Readerが必要になります。 Acrobat Reader は無償で提供されております。こちらからダウンロードしてご利用ください。Adobe社のAcrobat Readerダウンロードはこちらから

  • 通信制課程
  • アクセス
  • お問い合わせ

プライバシーポリシー | 資料請求 | サイトマップ